小布施・善光寺観光
高山温泉卿 紅葉館

小布施 地獄谷野猿公苑 豪商の館田中本家 文学歴史探訪の旅 

秘湯七味温泉は、各地への移動も近く便利な場所にあります。各観光地を巡られてから夕日の沈む頃に七味温泉紅葉館にご来訪して寛いでいただくこともゆったり過ごす休日の過ごし方ではないかと存じます。
七味温泉近くの観光地には、小布施、長野善光寺、須坂市豪商田中本家、白根草津、地獄谷スノーモンキーなどございます。また文化歴史探訪の旅をされたい方々には、「あめあめふれふれかあさんが」や「しゃぼん玉とんだ」の中山晋平記念館、「春の小川」、「おぼろ月夜」の高野辰之記念館、縁起物と知られている日本土人形資料館等もあり、ご夫婦でご旅行される方には、素敵な観光地が沢山ございます。

■小布施
テレビでも良く見られるのが小布施の栗菓子。栗おこわ等で皆さんもご存じの方も多いと思います。小布施は、食だけでなく歴史的にも観光名所がございます。ご旅行でのお立ち寄りなど七味温泉紅葉館にも近くお楽しみいただけます。

栗と歴史の小布施は、町の景観を損なわないように通りに面したお店や郵便局なども風情あふれたものになっています。観光では、栗を主としたお食事やお土産が楽しめるだけでなく、北斎館記念館、高井鴻山記念館、古陶磁コレクション「了庵」、日本のあかり博物館、中島千波館など見る観光も沢山ございます。


■豪商の館 田中本家博物館
田中本家は、江戸享保18年(1733)から続く豪商で名字帯刀を許される大地主へと成長し、3代と5代は幕末には士分として藩の財政に関わる重責も果たしました、その財力は須坂藩をも上回る北信濃屈指の豪商となり、当時の面影を伝える屋敷の構えは、約100m四方を20の土蔵が取り囲むほどです。客殿や主家などの建物が軒をつらねており、四季折々の散策が楽しめます。


■地獄谷野猿公苑
地獄谷野猿公苑は、ニホンザルの生態を間近で観察できる温泉に入るサル として、広く世界中の人々に愛されています。一年のほぼ三分の一が雪に覆われる厳しい環境に急峻な崖と、至る所に立ち上る温泉の湯気、そのような光景を見た太古の人々はこの地を地獄谷と呼びましたが、サルたちにとってはここは楽園でした。1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、また温泉に入るスノーモンキーとして、広く世界中の人々知られています。

下記写真をクリックすると拡大写真が表示され、左右半分に前後に進むボタンが表示されます。
高山温泉卿 紅葉館
高山温泉卿 紅葉館

善光寺初詣 大勧進胡麻祈祷 厄払いと祈願の旅行 懐かしい昭和の時代探訪

七味温泉から車で約60分の場所に、国宝に指定されている善光寺があります。奈良・東大寺大仏殿、京都・三十三間堂とともに日本を代表する規模で、撞木造りという独特な建築様式が用いられています。善光寺如来は、生身の如来と言われ、おすがりする者はすべて極楽往生を約束してくださる仏さまといわれています。
更に善光寺のお隣には、種々の供物をその護摩釜に投じ入れて供養し、智慧の炎によって諸々の罪障煩悩を滅して願いごとを成就させる、密教の修法である胡麻祈祷を受けられる善光寺大勧進があります。(不動尊真言を唱えながら大きな音で太鼓を叩く様も一見の価値あり)
古来より厄除け不動尊、日本三大不動尊の一つして崇め奉られています。 大勧進では所願成就のため、一日5回の時間を定め護摩祈願を奉修していますのでお立ち寄りいただくにも良い場所かと存じます。



■善光寺
無宗派の単立寺院であり、山号は「定額山」(じょうがくさん)といいます。
山内にある天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されているのが善光寺で「大勧進」の住職は「貫主」と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めています。また「大本願」は、大寺院としては珍しい尼寺であり住職は「善光寺上人」と呼ばれ、代々公家出身者から住職を迎えています。善光寺の住職は、「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める寺院です。

【牛に引かれて善光寺参りの解説】
昔、長野の善光寺近くに住んでいた不信人で欲深い老婆が、さらしていた布を隣の家の牛が角に引っかけて走り出したのを見て、その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになり、信仰の道に入ったという言い伝えから 「牛に引かれて善光寺詣り」

【意味】 牛に引かれて善光寺参りとは、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ。 という説だそうです。皆様も信州にお出かけになりましたら、日の出とともに本堂で始まる「お朝事(あさじ)」は、善光寺全山の僧侶が出仕して勤める厳かな法要で、365日欠かさず行われています。お朝事のお数珠頂戴には、多くの人々が頭をなでてもらうのに並びます。


■高橋まゆみ人形館
昔ながらの懐かしい風情を思い出す事ができる場所です。昭和の昔、懐かしい風景、そしてそのなかにあるお年寄りの笑顔にはかつての人間味豊かな優しい物があります。
きっと皆様の心に暖かな何かを灯してくれることと存じます。
昭和の昔懐かしい、ふるさとの原風景が同時に蘇る、そんな懐かしい記憶をたどる旅になるのもいいものではないでしょぅか。高橋まゆみ人形館は、人形はもちろんですが、説明に添えられている文字が優しく心を包んでくれる気もしてくるはずです。


■草津白根山
群馬県吾妻郡草津町に位置する、標高2,160mの活火山です。紅葉館からは、約1時間程で到着できる場所にあります。
白根山が、正式な名称なのですが、他の白根山と区別するために草津を配して呼ばれるのが一般手はとなっています。
山頂付近は白い山肌が広がり、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたといいます。山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれエメラルドグリーンの湖となっています。

高山温泉卿 紅葉館